社員紹介 – 商品開発一部(電気・電子 エンジニア)

商品開発一部

みんなで創りだす達成感も
あれば、プライベートの充実感も
味わえる。

KEIICHI MURAKAWA

村川 惠一

2014年 入社

表に立つより、裏でコツコツ
支えたかった。

父親も半導体の仕事をしていたこともあり、大学時代から比較的関連性の高い、レーザーの研究を専攻していました。商社なども色々受けてみましたが、自分は表に立ってアピールをするより、誰かを支える技術を生みだす仕事がしたい。そう気づいて、エイブリックに入社しました。

 

たったひとつで大きく変化する、
ICチップの回路設計。

スマートフォンなど、電子製品には欠かせないICチップ。半導体の素子によって、回路の特性や安定性が変わってきます。複雑ですが、単純なスイッチの違いだけで許容性が広がることも。そういった素子の組み合わせをシミュレーションし、よりよい回路設計を考えます。

一番初めに任された案件が、
会社で一番の売上だった!?

「この仕事やってみ」先輩から、ポンと任された測定の仕事。まさかそれが、会社でも一番の売上を誇る製品群のプロジェクトだったとは。仕事を終えてから知った時は、驚きでした。だって、私のはじめて携わったプロジェクトだったのですから。当時は、まだ何をやったらいいか?から、こと細かに教えてもらい、わからないことはまず聞け、という指導を受けていました。そんな新人にも関わらず、重要な案件を早くから任せてもらえるのが当社の特徴です。基本的な進め方は任せてくれながらも、先輩たちは常に見守ってくれる。とある納期ギリギリのプロジェクトだった時には、他のチームの人まで助けに来てくれました。垣根を超えて一緒に大きな仕事をさせてもらえるのも魅力です。

 

 

自立して、自律して。ワークライフ
バランスも大切にする。

「自立かつ、自律した設計者になれ」以前、お世話になった事業部長の方が仰っていた言葉です。今の私は、まだ様々な人に支えてもらっている半人前。先輩の手が離れるというより、まずは少しでも力になれる存在になるのが当面の目標です。また、仕事と同じくらい、大切にしたいのがプライベートの充実。当社には無駄な残業をせず、休む時はしっかり休もうという風土があります。有給取得にしても若手だからと遠慮することはありません。一生懸命頑張りながら、休日を満喫することも仕事をするうえで大事です。だからこそ、オンとオフを両立させている先輩として、これから入社する後輩のお手本になれるようになっていくのが、自分なりのキャリアプランです。

他のインタビューを読む

ENTRY

エイブリックであなたの夢を力強く
羽ばたかせてください。

エントリー
マイページ